保険診断Q&A

節約・ライフプラン

保険の見直し
上野さん顔写真 FP:上野やすみ

いま加入している保険で保障が足りているか、ムダな保障はないかを徹底チェック!必要保障額の目安や見直し方、保険料を安くおさえる方法など、ご家族の状況や家計全体のバランスを考えながら、1人1人に合った保険選びをお手伝いします。むずかしいと思われがちな保険の内容もわかりやすい言葉でアドバイスします。
■ご相談内容
相談者(仮名)
榎本 裕美さん

26歳 会社員。24歳のご主人(会社員)との2人暮らし。
独身時代に加入した個人年金保険損をしない見直し方法は?
主人が独身時代に加入した個人年金保険を解約するか、減額するか迷っています。
理由としては、
(1)
生命保険会社が破綻しているのを見ていると格付けがあまりよくない会社の保険に入っているのは不安である。
(2)
終身の医療保険にもこれから入ろうと思うのですが、加入することにより家計を圧迫する。
(3)
解約することにより8万円ぐらい損をしてしまう。
どうすればいいのでしょうか?

■アドバイス

ライフプランを考えて、必要なお金に優先順位をつけよう。

老後資金より先に必要になるお金を優先しましょう。

榎本さんの場合、ご結婚されたばかりでこれから子どもの教育費がかかったり、住宅購入の頭金を貯めたり、といろいろな計画があるかと思います。まずはご家族でこれからどんな予定があり、どのようにお金を使っていきたいのかを考えてみましょう。

<ライフプラン表の例>
  2003年 2004年 2005年 2002年 2006年 2007年 2008年
1年後 2年後 3年後 4年後 5年後 6年後 7年後
家族のライフプラン   海外旅行          
必要なお金   50万円 30万円 20万円     20万円
24歳 25歳 26歳 27歳 28歳 29歳 30歳
      資格取得      
26歳 27歳 28歳 29歳 30歳 31歳 32歳
    出産・退職       再就職
第一子     0歳 1歳 2歳 3歳 4歳
            幼稚園

もちろん、老後資金準備そのものは、若い方々にも頭に入れておいて欲しいことです。少子高齢化の影響で、これから国からもらえる公的年金は徐々に少なくなっていく傾向にあります。また、榎本さんの年代ですと、公的年金がもらえる年齢は65歳から。60歳で定年退職した場合にはその後5年間無収入になりますので、ご自身で老後資金を準備していくことはとても大事なことです。
しかし、その前に必要なお金もたくさんあるはず。まずはそれらを優先させ、老後資金の準備は35歳以降から割合を増やしていくようにしていくといいでしょう。

解約か、減額かは次のことも判断材料にしてください。

万一、保険会社が破たんした場合には?

万一、生命保険会社が破たんした場合には、

(1) 将来の保険金支払いに充てるために積み立てている金額(責任準備金)の90%まで補償されます。
(2) 予定利率が引き下げられる可能性があります。
(3) 破たん後一定期間の解約には「早期解約控除」が適用される場合があります。

個人年金保険の場合、長い期間にわたって保険料の大半を積み立てていきますので、予定利率がどうなるかで将来受け取る年金額が変わってきます。
予定利率が高い時期の契約は、貯蓄でいえば利息がたくさんつくのと同じ意味がありますので、予定利率が低い時期の契約よりも有利といえます、その反面、保険会社が破たんした場合には大きく減額されてしまう可能性があります。

<加入時期別の予定利率(有配当保険の例)>



榎本さんの場合、会社に勤め始めてから加入したのであれば、予定利率はあまり高くない時期かと思います。その場合、破たんした時の影響も小さいと予想されます。
しかし、まだお若いのでこれから積み立てていく期間も長いですし、予定利率が低い商品なら、これから金利が上昇した場合には有利ではなくなります。投資信託や変額個人年金などを利用して長期に運用していく方法も効果的かと思います。
そのため、現在ご加入中の個人年金保険は、

(1) 減額して無理のない範囲で継続し、元本割れのなくなる頃に解約する。
(2) 保険会社の破たんが心配なら、早めに解約して他の金融商品で老後資金準備をする。

いずれかの方法を検討してみてください。


今、売れている商品がその場で分かる!最新の医療保険ランキングTOP10




 ▲ INDEX 

Copyright(C) NTT IF Corporation All Rights Reserved.