家計診断Q&A

家計診断Q&A

節約とやりくり
内田さん顔写真 FP:内田ふみ子

家計簿は、5年10年あるいはそれ以上先にある目的を達成するために有効なツールです。
ゴールを確認したらまず資金計画。今の貯蓄ペースで実現できるか、難しければやりくりできるかをチェックします。ゴールは一つとは限りません。今しなければならないことや、先のことでも大事なことなど、優先順位を考えながらアドバイスさせていただきます。


■ご相談者
相談者(仮名)
小寺 成美さん
22歳、会社員。同い年のご主人(会社員)と0歳のお子さまとの3人家族。
現在、育児休業中です。夫の収入だけでは赤字のことが多く、これからも不安です。子どもをもう一人希望しており、生活を見直したいのですが
育児休暇をとって1年近くになります。職場では2年まで取れるので復帰はあと1年先の予定です。ただ育児休業基本給付金も子どもが1歳になると切れ、その先の1年間は無収入。給付金はないものと思って定期預金にしていますが、夫の収入だけでは足りなくなって預金をおろしてしまいます。車に費用がかかりますが通勤には必要です。子どもをもう一人欲しいので、なんとか生活を見直して家計をやりくりしたいと思います。


・家計状況
 平均的な月収(税金・社会保険料を除いた可処分所得)
 夫 250,000 円
 妻 73,000 円
 合計 323,000 円
 月間支出
 家賃 26,000 円
 水道光熱費 13,000 円
 ガソリン代 18,000 円
 車のローン(あと3年) 18,000 円
 電話代(ネット・携帯含む) 20,000 円
 食費 30,000 円
 教養娯楽費 5,000 円
 日用雑貨
 おむつ・ミルク等
20,000 円
 美容院代(2人平均) 4,000 円
 組合費等 4,000 円
 夫こづかい 25,000 円
 車保険(2台分) 14,000 円
 学資保険 6,000 円
 生命保険 25,000 円
 積立貯蓄 20,000 円
 会社の持ち株 2,000 円
 その他の貯蓄 77,000 円

 ボーナス収入等(年間)
 夫 452,000 円
 妻(見舞い金として) 300,000 円
 合計 752,000 円
 ボーナス支出等(年間)
 車のローン 160,000 円
 レジャー費 90,000 円
 夫のこづかい 30,000 円
 妻のこづかい 5,000 円
 会社の持ち株 7,000 円
 貯蓄 460,000 円
 貯蓄残高
 預貯金 84,000 円
 親へ貸してあるお金 1,400,000 円
 <<希望・予定>>
  • あと1年育児休暇を取って職場復帰。
  • 子どもはもう一人希望。
  • 3〜5年後にはマイホーム。
  • 社宅は10年まで入居可能。
 <<住居>>
  • 社宅
■アドバイス
自分への投資もしながら、まずは生活不安解消のために200万円程度の貯蓄を目標にしてみましょう

小さなお子さんがいて貯蓄額が少ないのは、家族が病気で入院したときなどとても不安です。社宅を廃止する企業も増えていますので、備えとして半年分程度の生活費200万円を最初の貯蓄の目標にしてください。生活費は精一杯切り詰めて貯蓄に回そうとしていらっしゃる様子が伺えます。でもお二人ともまだ若いので、仕事に活かせるような自己投資もして、キャリア形成も考えていきましょう。

生活費を抑えるなかで比重の高いのが車関係の支出 車を大事に長く乗る、など将来の支出を抑えることも考えてみましょう

家計が厳しくても、やりくりや貯蓄によく頑張っておられます。今は社宅で家賃が安いため貯蓄もできますが、職場復帰まであと1年は大変。比較的出費が多いのが車関係。通勤に必要であればやむをえません。自動車保険もさまざまなものが出ていますので、安くならないか、比較検討してみるとよいでしょう。また、大事に長く乗れば、買い替えの回数も少なくなります。毎月の生活費自体はこれ以上切り詰めるのは難しいのですが、将来の出費を減らすことはできそうです。買い替え期間は平均8年です(総務省調べ)。ストレスが溜まらないよう、お金をかけない息抜き法をみつけてください。家族でお弁当を持って近場にでかけるなど、屋外の方がストレス解消には良いようですね。

(参考)  NTTイフの自動車保険比較見積もりサービスはこちら

あと1年は家計に余裕はありませんが、育児休暇という時間を有効に使うことを考えましょう

支出金額からみて生活費をこれ以上抑えるのは難しそうです。でもご夫婦ともまだ22歳。切り詰めて自己投資もいっさいしないというのは、職場復帰後、後悔をするかもしれません。とくに成美様は、職場復帰すると睡眠時間を確保するのがやっとという忙しい生活が待っています。お子さんもお誕生前後から生活ペースも落ち着いてきますので、ご自分の時間が取れるのは今のうち。お金のかかる勉強は無理でも、少しずつできる範囲で育児休暇を計画的に有効活用しましょう。また保育園の空きや仕事の状況をみて、育児休暇を早めに切り上げる方も少なくありません。復帰のタイミングについて、ときどき状況確認をしてみましょう。

マイホームの夢は慌てずに 社宅住まいのうちに資金を貯めましょう

数年のうちにマイホームをご希望されています。これから生活設計を立てる上で、職場復帰、2人目のお子さん、と不確定な要素があり、余裕のない住宅ローンを組んでしまうと、あとから教育資金だけでなく日々の家計にも大きな影響が出てきそうです。社宅にいられるうちに自己資金の準備をしてから、マイホーム取得に臨みましょう。

育児休業給付

育児休業を取得した人に対して、雇用保険から支払われる給付金。育児休業期間中に支給される「育児休業基本給付金」と、育児休業が終了して6か月経過した時点で支払われる「育児休業者職場復帰給付金」とがある。前者は休業前賃金月額の30%、後者は休業月数について10%相当額が給付される。ただし、休業中に賃金月額の8割以上の給与がある場合は基本給付金は支給されないなどの条件もある。



 ▲ INDEX 

Copyright(C) NTT IF Corporation All Rights Reserved.