家計診断Q&A

家計診断Q&A
貯める・殖やす
伊藤さん顔写真 FP:伊藤美和

貯蓄や投資を始めてしばらくすると、誰の頭にも思い浮かぶのが1000万円という夢の数字。「1000万円お金を貯める」ということはハードル走に似ています。100万円、300万円とハードルをクリアするごとに貯まるスピードはどんどん加速していきます。この「貯める・殖やす」のコーナーでは、皆さんがハードルを楽に越え、早くゴールにたどりつけるよう、お手伝いができればと思います。何でもお気軽にご相談ください。

  アドバイスはこちら

■ご相談者
相談者(仮名)
菊池 明彦さん

27歳、公務員。現在はご両親と同居
親元通勤・独身のメリットを活かし、お金を殖やすには?
シングルの公務員です。親元から通勤している今がお金の貯め時かと思い、生活費4万円を家に入れ、小遣いとして3万円を使うほかは全て貯金しています。車の購入資金や結婚資金、住宅取得や老後資金について自分なりに準備しているつもりです。でも今の時代‘貯める’だけでは資産は殖やせないのではと不安に思う部分もあるので、アドバイスをお願いします。


・ 収支の状況
1.収入
 月収(手取り) 258,000 円  ボーナス(年手取り) 840,000 円
2.月間支出費用
 生活費(家へ) 40,000 円  小遣い 30,000 円
 通信費(インターネット) 4,460 円  財形貯蓄 5,000 円
 個人年金(民間生保) 9,840 円  個人年金
 (福利厚生事業団)
12,000 円
 生命保険 9,966 円    
3.生活費以外の出費(年間)
 両親へこづかい 60,000 円  被服費 120,000 円
 レジャー費 150,000 円  個人年金保険料 60,000 円
 財形貯蓄 60,000 円    
※小遣いが余ったら予備費として家に置いておき、急な出費で足りなくなったら、そこから支出している。

・ 現在の貯蓄等
   総額 備考
 定額貯金(郵便局) 916万円  
 定期預金(銀行) 702万円  
 予備費(現金) 15万円  タンス預金
 個人年金
 (福利厚生事業団)
59万円  定年時1300万円
 個人年金(民間生保) 58万円  

 今後の予定&ライフプラン
 時期 予定  必要額
 平成18年  車購入  200〜250万円(小型車・諸費用込み)
 平成20年  結婚  350万円
  新婚旅行  30〜40万円
  新生活準備  100〜150万円
 平成22年  第1子誕生  50万円(理想は2人・共稼ぎを続ける)
 平成27年  車買い替え  100〜150万円(頭金)
 平成35年  住宅立替  700〜1000万円(頭金)
 一人っ子なので両親の家を
 建て替えて住む予定
 平成37年  車買い替え  100〜150万円(頭金)
 平成47年  子どもが結婚  100〜200万円(結婚資金の援助)
 平成47年  車買い替え  100〜150万円(車の頭金)
 平成51年  定年退職  

 今、買いたいもの
  • デジタルカメラ 予算5万円
  • プリンター   予算5万円
  • 腕時計     予算4万円

 老後生活のイメージ
  • 65歳まで公的年金は支給されないので、60歳の定年後も5年間は働くつもり。リタイア後は夫婦二人で年金暮らし。毎月25万円は確保したい。国内旅行を年1〜2回希望。

 預金や投資について
  • 個人向け国債が人気のようで100万円ほど買ってみようかと思いましたが、中途解約のデメリットを考えると迷ってしまいます。かといって郵便局や銀行に預けておいても、利息はつかないし...。大損はしたくないけど、将来のことを考えて資産運用はしてみたいです。


  アドバイスはこちら


 ▲ INDEX 


Copyright(C) NTT IF Corporation All Rights Reserved.